member02

「社会人」として活躍できる「未来」が今まさに始まろうとしています。 あなたの人生を実りあるものにするために就活を思い切り楽しんで欲しい。

コールセンター

K.KawaiK.K.

学生へのメッセージ

社会人になれば、何かを「教えてもらう」ということから何かを「生み出す」「見つけ出す」ことに変わってきます。
そこに楽しさを見出し、やりがいを感じると、生きていく未来がより豊かになると思います。
仕事をしていく上で、「今の自分はこれが精一杯、これ以上もう何もできない」というくらい、本気で取り組んでやりきった後にだけ見えてくる世界があるので、ぜひ体感してほしいと思います。
そういう環境に身を置くことが幸せに繋がるかどうかは、これからのあなた次第でもあると思います。
まずは今の自分にしっかり向き合って、精一杯考えて、こうありたいというビジョンを強く自分の中に持つことから始めてはどうでしょうか。
仕事をしていく上で、有意義な時間をたくさん持ちたいという方は、ぜひラグザス・クリエイトを視野の一つに入れて就活して頂ければ幸いです。そういう方と一緒に働ける日を心待ちにしています。

入社理由について

私がこの会社に決めたのは、代表である福重のビジョン(見えている世界)に少しでも近づきたいと感じたからです。面接のときに感じた代表からの想いは今でも忘れられません。今でも代表から話を聞くときはワクワクすることが多いですし、自分ももっともっと成長して、物事を大きく俯瞰してとらえたい、もっと大きなことを成し遂げたい、と、強く奮い立たされます。
自分の可能性を信じて貫けるフィールドがあると思えるからこそ、入社してよかったと心から思えますし、毎朝起きたときに今日もがんばろう!と思えます。私にとっては、ラグザス・クリエイトは、刺激ある新鮮な毎日を送ることができるかけがえのないものです。

学生時代の学びはいま活きている

私は、高校時代や大学時代を振り返ってみると、勉強・部活動・アルバイト等では「努力が報われる」経験が数多くあったように思います。
しかし、結果が全ての社会では、精一杯取り組んだ後に、必ずしも結果が伴うとは限りません。報われないことも数多くありますし挫折することもあります。今は、社会人として生きていく時間が増えるにつれ、「努力は嘘をつかない」という表現の方が的を射ていると感じています。努力をしなければそれがすぐに分かりますし、努力をした分は、そのときすぐに結果に表れなくとも、その努力量は、きっと何かを生み出すと信じています。
ラグザス・クリエイトは、その先にある未来を信じることができる会社だからこそ、努力を続け、前向きに歩けるのだと思います。

私のキャリアアンカー/なりたい自分像

「ラグザス・クリエイトの未来を創る」これに尽きると思います。
自分自身がこれまでこの会社で学んできたことを、今いるメンバー・未来のメンバーに共感してもらい、その想いを託して、より良い環境を作るための礎を築いていきたいと考えています。
また、いつまでも新しいことに挑戦し続ける自分でありたいと思っています。何かを成し遂げて満足することも大事ですが、それでもずっと何かを追いかけている自分でありたいと思います。
「なりたい自分」は、新しいことに取り組み続けられるこのラグザス・クリエイトという素晴らしい環境の中で、ともに仕事をするメンバーに恵まれ、働き続けたいと思える環境を全員で作っていき、いつまでもずっとワクワクすることを考えていられる自分です。