仕事をしている最大の喜び。それは人々の悩みや不安を解決すること。

IT推進部

Y.Iwade

ENVIRONMENT

社内環境について

ユーザーが求めるデザインをイメージして、ユーザーの利便性を徹底的に追求する。

私たちはインターネットを活用した「革新的で価値あるインターネットサービスの創造」を目指しています。
仕事をするにあたり、多少のストレスは発生してしまうことがあります。そして、その抱えているストレスの根本には上手くいかないことがあります。
「いまやっていることが上手くいけば喜ぶ人がいる」からこそ、仕事が上手くいかないとストレスを感じます。
ユーザーの視点でみたら、私たちのスキルの成長は正直大きな問題ではないでしょう。むしろ「どれだけ見やすくなったのか?」「どれだけ使いやすくなったのか?」がユーザーが大切にしていることです。
もちろん社内ドリンクやリフレッシュルームなどの環境も整っていますが、ユーザー視点を忘れない環境で働けているからこそ、社内環境は整備されていると感じています。

FASCINATION

自社の魅力について

一人一人が「プロ」の集団であり続けるための意識を共有していること。

ラグザスマインドの一つに「 one of the customers. 」というマインドがあります。この言葉の反対には「one of them.」があります。会社から見れば一顧客ですが、顧客目線で見れば大きな関心ごとです。そして、もし私が顧客だとしたら、顧客のなかの一人としてではなく、顧客目線で見てもらうことを望みます。そのマインドはとてつもなく大切だと考えています。
IT推進部も他の部署も同じだと思いますが、それぞれの分野の専門スキルの向上はもちろん大切ですが、専門スキルの向上の先にはユーザーの利便性に影響を与えたかどうかが何より大切になります。
一人一人がプロの集団であり続けるということはそれだけ多くのユーザーの人生を豊かにできる集団であるということです。
プロ意識の先には必ずユーザーの喜ぶ顔を思い浮かべるラグザスマインドがあります。
働く上で大切になるマインドを持てることはラグザス・クリエイトの最大の魅力だと感じています。

CHALLENGE

自社でやりたいこと

ユーザーの人生がプラスになる仕事を続けていけたらと思います。

お問い合わせ数の達成・増加はもちろんですが、それを受ける社内のコールセンター部、営業部、管理部の方の仕事がしやすくなり、多くのユーザーの人生がプラスになっていくようしっかりと取り組んでいけたらと考えています。
1日1日のやらなくてはいけないことをクリアにし、確実にこなし、ユーザーの人生がプラスになる仕事を続けていけたらと思います。
自分自身の頑張りが誰のために役立っているのか、その全体像をきちんと把握して、仕事に追われるのではなく自発的に仕事に取り組むようにしています。
自分のやるべきことをしっかりと行っていけば、人々の不安や悩みを解消できると思うので、ユーザーの人生がプラスになることを意識して会社と一緒に成長していきたいです。