東アフリカの教室建設プロジェクトに寄付をいたしました。

 

タンザニアの未就学児を対象に教育支援を行うプロジェクト「ASANTE PROJECT(主に上智大学と大阪大学のメンバーで構成されている学生団体)」の教室建設に寄付をいたしました。

 

子どもたちが「モンテッソーリ教育」を受けることができるために

 

モンテッソーリ教育とは、

 

「自立し、責任感と他者への思いやりを備え、一生涯学び続ける姿勢をもつ人間を育てること」

 

にその目的があります。

 

モンテッソーリ教育であっても読み書きのような基本的な教育であっても教育の実現には整備された環境が当然、必要になります。

 

教室建設プロジェクトを通じて、

 

  • 自立できる大人へ
  • 責任感を持てる大人へ
  • 他者への思いやりを持てる大人へ
  • 生涯学べる大人へ

 

当社では、タンザニアの子どもたちが「社会に貢献する大人に成長する」支援ができればという想いから、タンザニアの教室建設プロジェクトへ寄付をいたしました。

 

「寄付」ではなく「教育」への参画という意識を持って

 

それぞれのステージでそれぞれにできることが必ずあります。

 

当社はメディアプラットフォームを展開する立場として。

学生は自らの成長と社会貢献への意識を強める立場として。

子どもたちは大人の想いをしっかり受け取る立場として。

 

当社の想いが世代をまたぎ、世界の子どもたちに伝わり、子どもたちの成長へとつながることができてはじめて寄付に大きな意義が生まれます。

 

タンザニアの子どもたちがモンテッソーリ教育を受けることで、世界に笑顔の数を増やすことができる立場へと成長することを願っております。