新型コロナ禍でのリモート対策を支援、Smartオークションにコミュニケーションツールを導入

 

インターネットでデジタルプラットフォーム事業を展開する株式会社ラグザス・クリエイト(大阪市北区/代表取締役社長:福重 生次郎)は、2020年8月4日より当社が運営するリユース車のプラットフォーム「Smartオークション」内にコミュニケーションツールをリリースいたします。

 

■「コミュニケーションツール」リリースの背景

 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークが急速に広がると同時に、オフィス以外の離れた場所でもスマホ等で簡単にコミュニケーションをとるための方法として、ビジネスチャットなどの普及が急速に進んでいます。
ビジネスチャットは場所を選ばず効率的にコミュニケーションを実現できる事から、企業間同士の連絡などにも使われ、またコミュニケーションの履歴を確認することができる為、テレワークにおける必要不可欠なツールとして活用が広がっています。
しかしながら、自動車業界においては企業間のコミュニケーションは主に電話やメールが利用されており、オフィス以外からリアルタイムにコミュニケーションをとる方法が少なく、リモート対策が十分に取られていない状態でありました。
それらの問題を解決すべく、Smartオークションの参加企業様のリモート対策を支援するため、オンラインのコミュニケーションツールをリリース致しました。

 

■ オンラインのコミュニケーションを実現

 
Smartオークションでは、参加企業様との連絡手段は電話やメール等を利用していましたが、電話の場合は履歴が確認できないことや、メールの場合は見落としてしまうなど、発着信を行う双方にとって非効率な部分がありました。
それらを解決する手段として「コミュニケーションツール」を自社開発しリリースする流れとなりました。Smartオークションのコミュニケーションツールは、管理画面に表示されている取引車両ごとに連絡ボタンを設置し、そこから質問や共有事項など発信していただけるようになりました。受信する場合は、新たな受信があった時点でポップアップで新着が表示され、メールにて新着受信が通知されるなど確認漏れも格段に減少させることができるものと考えております。

 

■ 本件に関するお問い合わせ先

 
企業名:株式会社ラグザス・クリエイト 広報担当
TEL:06-7670-7744